11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

【2525fx】ニコ生FX ファンブログ【ニコ速fx】

ニコ生FX ニコニコ生放送 FX・BO・株・先物などをまとめたブログです。(ニコニコ楽しみながら投資♪)

 

【市況】日銀会合「ドル円3円・日経平均600円程度動く可能性がある」【7/29決戦は金曜日】 

18:41
決戦は金曜日
07/29(金) お昼「日銀会合」結果発表 15:30「黒田総裁会見」

●日銀発表後の想定値幅
今回の日銀会合は事前にさまざまなニュースが飛び交い、追加緩和の期待度が高い
期待と失望でドル円・日経ともに大きく動く可能性が高く、
過去の傾向から
ドル円は3円 日経平均は600円 程度動く可能性がある。
SnapCrab_NoName_2016-7-28_19-57-18_No-00.png
上値のポイント
・ドル円 7/21 高値107.50付近 さらに超えられるかどうか?
・日経平均 17,000円を越えられるか?
※16600-16800は、今年の価格帯別出来高が多い。上値抵抗帯。
※日経オプション 17,000円以上のコール建玉が溜まっており、ショートカバーを巻き込めば上昇余地拡大。

下値のポイント
ドル円 1段目 7月上昇の61.8%戻し102.90  2段目102円で下げ止まるか? 
日経平均 1段目16,000円  2段目 日足の窓15,800円前後
※7月中旬からの円安日本株高の主体は「海外勢主導の買い」
 海外勢の巻窓し+売り仕掛け次第で、さらに売りが売りを呼ぶ展開に注意。



●日銀 発表時間の傾向
・12時台の発表が多い 
・「現状維持」の場合は発表時間早め。※前回は11:45 早かった
・12時30分過ぎても発表がない場合は何かあるかも!
・11時30前の前場の発表は2012年以降の記録にはありません。


●今回、日銀が動かないでいつ動くの?
※4月と6月は日程的に動きにくかった状況もありました。
4月 G7伊勢志摩サミット前
6月 英EU国民投票前
7月 縛りなし。現状維持ならば「残り少ない緩和カードの温存」 日銀の限界論も。

気になる点として、
英EU離脱決定後、日・英・欧は利下げや追加緩和を示唆していましたが、
市場の混乱が一旦は落ち着き、 英・欧・米 金融会合は現状維持。

日本が率先して動けるのか? 日本こそ緩和カードを温存したいのでは。悩ましい・・・


日本の現状を考えると、経済指標等からは動いてもおかしくはない。
政府の経済対策と合わせて日銀も追加緩和に 動くべき。
ドル円のチャートからはテクニカル的な面を考え 動くべき。
企業の想定為替レート105円-110円 さらなる円高は業績懸念 動くべき。

このまま何もせずドル円下落トレンドが続けば、再び100円割れも
・米利上げ時期が後退 ドル安円高傾向あり
・アノマリー 8月9月 円高になりやすい
・米大統領が決まれば余計動きにくい?(クリントン氏、トランプ氏ともに円安誘導の日本批判)
・今なら英EU離脱決定を理由に大義名分のもと動きやすい?


●ドル円 日足 一目均衡表
今年のドル円を振り返ると、下落トレンド 雲に頭を押さえられています。
今年3回目雲アタックチャンス。
雲を突破し、下落トレンドの流れを変えるきっかけ作りのためにも、
「黒田バズーカが必要だ!」(日銀追加緩和)
SnapCrab_NoName_2016-7-28_19-1-49_No-00(2).png

関連記事

Category: 市況・マイトレード

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://2525fx.com/tb.php/13917-f32cdbd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)