11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

【2525fx】ニコ生FX ファンブログ【ニコ速fx】

ニコ生FX ニコニコ生放送 FX・BO・株・先物などをまとめたブログです。(ニコニコ楽しみながら投資♪)

 

【市況】FOMC「7月FOMC トレード戦略」【7月利上げはない。9月利上げの可能性は残されているのか?】 

15:20
ポケモンGOお疲れ様です。
今週はFOMC・日銀を控え、株式・為替・先物をシミュレーションして戦略を考えていました。
今回から朝5時半まで時間延長した日経225先物も活用でき、
CME225やCFD225でクロスしなくて済むのでうれしいです。

●今週の注目材料
07/27(木)3:00 米「 FOMC(イエレンFRB議長会見なし)」
07/29(金) 日「日銀会合」15:30 「黒田総裁会見」追加緩和期待高まる

もしFOMCで、9月利上げの可能性が出てくるなら、目先ドル安は落ち着きやすいという考えも。
日銀はFOMCの結果を見て残り少ない緩和カードを温存し、
口先「必要ならば躊躇なく行動」と、政府の財政出動で乗り切る選択肢もあります。
一時的には失望売りとなるでしょうが、今の金融市場の地合いはそんなに悪くない。
(先日のECBも英EU離脱の混乱が一旦落ち着いたことで、緩和カード温存)


●FOMCトレード戦略
・7月 現状維持濃厚
・9月利上げの可能性は? ←ドル円にとって大事。消えれば今後もドル円は厳しい。
・ドルインデックスに注目 ドルが買われだしている。


●米利上げ予想確率(米短期金利先物市場)
07月3.6%   ←現状維持濃厚
09月15.1%  ←今後の米指標、米地区連銀総裁発言等で高まる可能性がある。
12月44.6% ←今の市場の見方は、12月に1回あるかないか。
※11/2 FOMC 大統領投開票日11/8 金融政策の変更の可能性は低く除外


最近の傾向として、
英EU離脱決定による金融市場の混乱も落ち着き、米指標も良い。米一人勝ち。
ドルが買われだし、利上げ観測が徐々に高まってきています。

FOMCで9月の利上げの可能性を示す・残す内容あれば、
その言葉のトーン次第で、ドルが買われやすくなる。
ドル円↑ユーロドル↓など

逆に、9月利上げの可能性がなくなってしまえば、
米大統領選を挟み、利上げは12月以降に持ち越し。今年のドル円は低空飛行が続きやすい

※実際に9月利上げができるかどうかは経済指標・外部環境などによる。
・8月9月のFOMC前の米経済指標。
・今後、徐々に英EU離脱の影響が出てくるかもしれません。

注意点
もし9月利上げ観測が強まると、米利上げを嫌気して米株が利益確定売りで下げる恐れも。
米株が大きく下ってしまえば、ドル円・日経は「ドル買い円買い」で上がりにくい。米株も注視。


●米雇用統計
7月は大変良かった。 6月イレギュラー? 8月9月の雇用統計も大注目
SnapCrab_NoName_2016-7-24_15-10-4_No-00.png

●ドルインデックス 日足 200日
ドルの強さがわかりやすい
・個人的には、株式・FX・先物等200日線を重要視していますので、
200日線越えは、ドル円にとっても好材料
9月利上げ観測が高まれば、ドル安は落ち着く。ドルが買われやすくなる。

SnapCrab_NoName_2016-7-24_15-3-41_No-00(2).png
※6/24のドル上昇は、英EU離脱決定で、対ユーロ・対ポンドで、欧州通貨売り・ドル買いドルが起きた。
リスク回避のドル高で、ドル円は「円買いドル買い」で相殺されあまりよくない。

関連記事

Category: 市況・マイトレード

Tag: FX 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://2525fx.com/tb.php/13875-21a0039e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)