11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

【2525fx】ニコ生FX ファンブログ【ニコ速fx】

ニコ生FX ニコニコ生放送 FX・BO・株・先物などをまとめたブログです。(ニコニコ楽しみながら投資♪)

 

【FX】ドル円「来週のポイントは一目均衡表 雲を突破できるか?」【日銀会合】 

7:58
ドル円

今年のドル円は難易度が上昇。
テクニカル・ファンダメンタル、需給など
多角的視点からとらえてトレードした方が良いと思います。

昨年までのドル円(アベノミクス相場)を振り返ると、
海外勢が常に円売りをしていたので、ロング目線で勝ちやすい相場でした。

今年、投機筋は3年ぶりに「円売りから円買い」に変わりました。(ドル円売り)
また、昨年12月に米利上げした以降、世界の不透明感が強まり、
2016年4回の米利上げ予定が延びのび太。現状今年1回できるかどうか・・・
利上げ時期後退は、ドル安円高要因に。


07/27(木)3:00 米「 FOMC(イエレンFRB議長会見なし)」 7月は現状維持大。
 9月のFOMCに向けて、利上げの可能性を示唆する内容があれば、ドル買いが強まる。
07/29(金) 日「日銀会合」15:30 「黒田総裁会見」追加緩和期待高まる
 英EU離脱問題が一旦落ち着き、株式・為替反発。緩和カード温存もありえます。
 イギリス、ECBは英EU離脱直後は利下げや緩和に積極姿勢が、金融市場が落ちつたら消極的。
 欧州がほんとうに厳しいのはこれから。限りある緩和カードを出すタイミングは重要


●来週のドル円のポイント 
日銀会合に注目が集まるのは当然ですが、一目均衡表の雲を突破できるか?
今年は一目均衡表 雲が上値を抑えて下落トレンド

日経平均は今週 雲を突破しましたが、ドル円は叩き落とされました。

7/21 17:30頃
黒田日銀総裁、ヘリマネ「必要性も可能性もない」 英BBCラジオの報道で、
ドル円・日経225先物が急落。 
ドル円は2円下落。 日経はドル円比べると下げは限定的 雲を越えたまま↑



●ドル円 日足 一目均衡表
今年は一目均衡表の雲が上値のフタ 下落トレンド
今回、今年3度目のアタックチャンス 注目は日銀 追加緩和の有無
雲を突破出来なければ下落トレンドは続く恐れ
SnapCrab_NoName_2016-7-23_7-56-13_No-00(2).png


●ドル円
100円から切り返した、目標ターゲット107円は達成しました。
(一目雲、上値トレンドライン 107円)
それにしても、上手いタイミングで売り材料がでて、叩き落とされました。
海外通信社BBCネタは、4月の日銀前、海外通信社ブルームバーグ日高記者を思い出します。
SnapCrab_NoName_2016-7-23_7-55-39_No-00.png

●米10年債
今年のドル円下落要因について、米債利回りの低下
・米債利回り低下=日米金利差縮小=ドル円下落しやすい
・米債利回り上昇=日米金利差拡大=ドル円上昇しやすい
1月6月 米債利回りの下げがキツイかった際には、ドル円急落。利回り反発がドル円反発材料に。
事前にドル円の下げ注意。利回り反発しなければドル円は反発しにくい。
反発すれば、ドル円があがると予測できたのも米債の動きを見ていたからです。
※今週1.6%で越えられずに伸び悩んでいます。ドル円の上昇も一服になりやすい。
SnapCrab_NoName_2016-7-23_7-11-57_No-00(2).png

●ドル円 投機筋 
投機筋の動きと為替は連動性が高いです。
投機筋は今年、約3年ぶりに円売りから円買い転換しました。
(青いグラフ 円買い=ドル円下落)

2週間前 円買いポジションは高水準に積み上がっていました。
投機筋もお腹いっぱいになれば、ポジションを巻き戻し吐き出します。
先週、今週と、円買いポジションが減っています。 円売り=ドル円上昇要因
需給からも、ドル円の方向性は予測可能。
SnapCrab_NoName_2016-7-23_5-46-8_No-00.png
関連記事

Category: FX

Tag: FX  ドル円 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://2525fx.com/tb.php/13866-55ccd24b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)