11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

【2525fx】ニコ生FX ファンブログ【ニコ速fx】

ニコ生FX ニコニコ生放送 FX・BO・株・先物などをまとめたブログです。(ニコニコ楽しみながら投資♪)

 

【市況】ドル円・日経平均「来週の日銀会合を控え難しい価格帯へ」【円安株高】 

11:35
世界的なリスクオンムード
日銀追加緩和期待などに支えられ、円安株高が続く
日本株では、「ポケモンGO」関連のポケノミクスも買い方優勢の良い雰囲気に。


但し、日経平均の価格水準的には上値が重くなりやすい価格帯に。
米決算が本格化した週なので注意どころ。
トレンドは上昇で見つつも、持ち高を一部利食いというのも大事。
SnapCrab_NoName_2016-7-19_11-34-8_No-00_20160719113620d73.png

先週、日経+1390円 ドル円+5円
SnapCrab_NoName_2016-7-19_11-35-13_No-00.png


●日経平均が、16,600円程度まで反発するのは価格帯別出来高出来高から想定内。

今年の中心レンジが
日経平均 16500-17250円 (オプション価格帯)

テクニカルで見ると、短期的な上昇で、
ストキャスや移動平均乖離率が高水準過熱感あり。
で、上値抵抗帯である16500-17250円を一気に上抜けていくには厳しい。

ドル円も同様に、短期的な過熱感があり、107円が需要な価格
今週の日経・ドル円は、基本的に日銀追加緩和期待に支えられた、レンジもみ合いをイメージ


もし、日銀が大規模な追加緩和に踏み切れば、16500-17250円価格帯をブレイクし、
上昇トレンド転換する可能性もあり。
ドル円も、107円を明確に超えてくれば、今年の円高トレンドは一旦終了も。


●日経平均 日足
16500-17250円 今年の価格帯別出来高が多い価格帯。(揉み合いになりやすい)
ストキャスや、移動平均乖離率は高水準
通常であれば、買いよりも、売りのほうが勝ちやすいが、
来週、日銀が控えており追加緩和観測もあるので下手に売れない。底堅い
今週はもみ合いを想定したデイトレ中心のトレード。
SnapCrab_NoName_2016-7-19_11-33-5_No-00.png

●ドル円 日足 一目均衡表
今年は雲が上値の抵抗帯
ストキャスや移動平均乖離率は過熱感があるが、
日銀期待や金融市場のリスクオンムードに支えられ円売りが強い。
もし追加緩和で雲を抜ければ、今年のトレンド転換も見えてくる。
SnapCrab_NoName_2016-7-19_11-56-25_No-00.png
関連記事

Category: 市況・マイトレード

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://2525fx.com/tb.php/13839-1ef829f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)