11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

【2525fx】ニコ生FX ファンブログ【ニコ速fx】

ニコ生FX ニコニコ生放送 FX・BO・株・先物などをまとめたブログです。(ニコニコ楽しみながら投資♪)

 

【FX】ドル円「上げには反応が鈍く、下げには敏感」 

11:13
ドル円が弱い
一時102.05まで下落

●ドル円は弱い
・米利上げ時期 英EU離脱決定で米利上げ時期が大幅後退 
 米利上げ予想確率(米短期金利先物市場)年内 利上げ14% 年内あるかないか 
・米債利回りの低下 ドル円の重し
・欧州銀行株の下落が落ち着かない。(いずれ欧州銀行が火薬庫になる可能性)


英EU離脱決定後、各国素早い対応で、緩和や利下げを示唆し、
金余りの金融市場は過剰流動性相場、金融相場と様変わりしました。
世界的に株高・商品高・債券高(利回り低下)

※英EU離脱問題は9月以降に先送りとなっただけ、解決したわけではありません。
過去、ギリシャ問題などでも棚上げ米利上げ後退 一時的に楽観ムードに変わったこともよくありました。


1人負けドル円
アメリカの緩和政策は米株は上昇するも、米利上げが遠のき「ドル高円安」にはなりにくい。
株式に利食いが入ると下げやすい
ドル円は、上昇には反応がにぶく、下げには敏感に反応しやすい


●ドル円 日足
日経平均と比べるとドル円の戻しが鈍い。
日経も、ドル円が上がらないと上値は限定的。16,000円手前で失速。
日経に利食い下げが入ると、またドル円は下がる。悪循環
SnapCrab_NoName_2016-7-5_11-11-31_No-00.png


●米国債利回り低下がドル円の上値が重い要因の一つ
ドル円 米国債2年債 相関関係
早期利上げ観測↑ 利上げ観測後退↓
SnapCrab_NoName_2016-7-5_11-4-25_No-00.png


●米利上げ予想確率(米短期金利先物市場)7/1
7月 利上げ0% 利下げ2%
9月 利上げ0% 利下げ2%
年内 利上げ14% 利下げ2%

EU離脱決定を受けて、英国民投票前にはなかった米利下げ観測浮上
利下げはないとしても、利上げ時期は大幅に後退
7月の米雇用統計が良くても、今月の利上げの可能性はほぼない。
次は9月FOMC 米大統領選挙を控え、9月を逃すと次は年内12月に1回できるかできないか。

利上げ先延ばし=米低金利の長期化 米株高
ドル円は低空飛行


関連記事

Category: FX

Tag: FX  ドル円 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://2525fx.com/tb.php/13683-1f642381
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)