11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

【2525fx】ニコ生FX ファンブログ【ニコ速fx】

ニコ生FX ニコニコ生放送 FX・BO・株・先物などをまとめたブログです。(ニコニコ楽しみながら投資♪)

 

【FX】ドル円「今後も難しい相場が続く」 

10:14
ドル円 

もう今年も半年が過ぎ、後半戦へ
今年を振り返ると、ドル円 半年で -17円下落
2015年のドル円の値幅が10円程度だったことを考えると、びっくりでした。
2015/12/31終値 120.190円
2016/06/31終値 103.245円(17円↓)

高値 1/29 121.705
安値 6/24 98.195
高安値幅 23.5円

●今年は大火傷を負ったドル円 個人ロンガー
先週の英国民投票後、ロングの建玉が激減しています。
100円を割る下落で相当 個人は投げさせられたでしょう(´;ω;`)

※くりっく365より 他社も同様かと思います。
SnapCrab_NoName_2016-7-1_11-3-9_No-00.png



●今年後半も、株式よりもドル円は難しい相場が続くだろう
・アメリカ 利上げ時期後退 米利上げ期待が高まらないとドル円は伸び悩み
・日銀 追加緩和観測が強まり短期的には反発する可能性もあるが、中長期的には厳しい。

日銀は国債保有、日銀が3分の1超す
みんな「緩和緩和」というけれども、今までのやり方の量を増やすやり方はでは、限界を早める。
円安効果が見込めるけれども、あと1回が限度と言われているので、いずれ海外勢に手の内を見透かされて狙われやすくなる。
マイナス金利拡大は賛否両論。景気不透明であれば貸出は増えない。

また、これまでは米利上げするということで、
日銀の緩和が(ドル高円安)相乗効果を発揮していました。
1月の日銀マイナス金利のように、ドル安の流れでの追加緩和では(ドル安円安)で打ち消されてしまうことも。
英EU離脱は長期的に混迷を深める要因なので、限られた日銀カードのタイミングが難しい。


●米利上げ予想確率(米短期金利先物市場)
米利上げは英EU離脱決定によって当面期待しにくい。(市場の安定優勢)

7月 利上げ0% 利下げ0% 現状維持100%
9月 利上げ0% 利下げ6% 現状維持94%
年内 利上げ9% 利下げ5% 現状維持86% 
※定期的にツイッターにも載せています。
https://twitter.com/nicosokufx/status/747931537060958208

●ドル円 日足
上げ材料には鈍く。下げ材料には強く反応しやすいのが今年の特徴
海外勢(投機筋)の動きは2013-2015年とは異なり、
アベノミクス離れが顕著 事あるごとに円買いが強まる (´;ω;`)
SnapCrab_NoName_2016-7-1_10-6-3_No-00.png
※2016年1-6月、ドル円と日経平均では比較では、
海外株が堅調だったことから、日経の方が下落が限定的。戻りも大きい


関連記事

Category: FX

Tag: FX 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://2525fx.com/tb.php/13654-7336c751
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)