11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

【2525fx】ニコ生FX ファンブログ【ニコ速fx】

ニコ生FX ニコニコ生放送 FX・BO・株・先物などをまとめたブログです。(ニコニコ楽しみながら投資♪)

 

【FX】ドル円「株式・為替 一旦は底を確認してから反発しやすい」【トレード戦略】 

9:28
ドル円 チャンス相場

株式・為替のよくある値動きとして、
大きく下落したあと、一旦は売り方の利益確定や売られ過ぎの反動で反発。
そして、もう一度底を確認する動きがあります。

そこで、下げ止まるか?底抜けるか?注目

●トレード戦略
1回目の急落後のリバ取りは、フィボナッチを意識しながら利食い千人力
2回目の下落後のリバ取りは、下値と上値のレンジが確定し、
下値(ロスカットライン)ハッキリしているので、長めに持つのもあり。
上値を抜ければ、ダブルボトム完成。利益が期待できる。

※1回目のリバ取りで、乗り遅れた場合はジャンピングキャッチ注意
2回目の反発のほうが信頼度高いです。



●ドル円 30分足
下値105.50を維持できるかどうか重要
105.50が硬いのを確認できれば、レンジ確定
上値 104.85(105円手前)
下値 103.50
SnapCrab_NoName_2016-6-21_9-27-16_No-00_201606210928002f0.jpg

●注意点はドル安
円とドルを分けて考え、
・現状は、英EU離脱の円高要因 (リスク回避の円高になりやすい)
・英国民投票が無事に通過してもドル安 (米利上げ時期後退観測でドル高になりにくい)

・日銀は介入できない (※英EU離脱となれば、大義名分のもと介入するだろう)
・追加緩和するにしても 次の日銀会合 7/29
・米利上げ 7月の可能性は低く、利上げ観測が高まりにくい 9月
・米利上げ予想確率(米短期金利先物市場)
6/20時点 「7月12% 9月33% 年内54%」

ドル円には上昇材料が乏しく、売られ過ぎの反発程度で上値が重い。


ユーロドル目線で考えると、
・英EU離脱懸念が高まると、地政学的リスクでユーロ売り
・英EU離脱懸念が和らぐと、ユーロ巻き戻し  
・米利上げ後退観測による ドル売り
ユーロドルが「ドル売りユーロ買い」で強い上昇をしてしまうとドル円には下落要因

ドル円は、不安材料も多いので損切りルールが大事


11:30
●ドル円 1時間足
ドル円 103.50前後で下げ止まり、下ヒゲ反発 104円大回復は良い流れ
押し目買いが入りやすく、
売り方は、103.50を抜けれなかったので一旦は利食いしたくなる(底堅くなりやすい)

レンジ
上値 104.85(105円手前)
下値 103.50
今週105円突破できればよいですが・・・今日のところは104円維持できればと良しと。
SnapCrab_NoName_2016-6-21_11-26-45_No-00.jpg

関連記事

Category: FX

Tag: FX  ドル円 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://2525fx.com/tb.php/13566-29eb1af1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)