11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

【2525fx】ニコ生FX ファンブログ【ニコ速fx】

ニコ生FX ニコニコ生放送 FX・BO・株・先物などをまとめたブログです。(ニコニコ楽しみながら投資♪)

 

【FX】ドル円「米金利の動向に左右されやすいドル円」【6/16(木) 03:00 FOMC】 

6:14
ドル円
・米金利が下げている状況では、ドル円は上昇しにくい。
・今後、米金利の下げ止まり=ドル円の下げ止まりに。
・米金利の動向は「FOMC・英EU離脱問題」次第

06/16(木) 03:00 FOMC
06/16(木) 03:30 イエレンFRB議長会見

06/16(木) お昼頃 日銀会合結果発表
06/16(木) 15:30 黒田日銀総裁会見
06/23(木) 15:00~6/24 06:00 (日本時間) イギリス「EU離脱の賛否問う国民投票」
06/24(金) 東京時間 「EU離脱の賛否問う国民投票」の結果が判明


ドル円・米長期金利・ドルインデックスを比較すると、
ドルが反発しているのにドル円の上昇は限定。

それは円が買われているから。
円買い理由は、英EU離脱懸念や株安で比較的安全とされる円や債券が買われている。
米金利が下げている状況では、ドル円は上昇しにくい。

昨日は、米金利は一時安値更新し、ドル円も下落しましたが、
夜間にかけて米短期・長期金利反発。ドル円下支えに。


●ドル円・米長期金利・ドルインデックスを比較
英EU離脱で世界的な金利低下ですが、
米金利は、いづれ米利上げがあるのでこのままズルズル下がり続けるのは疑問。
米金利の下げ止まり=ドル円の下げ止まり
ドル円105円 米金利の下落水準 FOMCや英EU離脱問題次第では、そろそろ反発も。

●ドル円 日足
SnapCrab_NoName_2016-6-15_6-8-47_No-00.png
●米長期金利 日足
SnapCrab_NoName_2016-6-15_6-9-49_No-00.png
●ドルインデックス 日足
SnapCrab_NoName_2016-6-15_6-9-10_No-00.png

●今後について
米金利が反発するか?更に下げるのか?

FOMCで利上げ時期後退となれば、通常は米金利は低下。
今月は既に米雇用統計の結果が悪かったり、イエレンFRB議長の講演から、
「6月利上げはない」ということで、先行して米金利が大きく低下しています。

なので、意外とFOMCでは織り込み済みで金利は下がらない可能性があり、
逆にイエレンFRB議長の会見次第で米金利上昇のキッカケとなることも。
(米景気や利上げに前向き発言があれば。)

米金利が下げが落ちつけば、ドル円の下げも落ち着く

※.英EU離脱問題 懸念が広がると世界的に債券が買われ金利低下 
ドル円は円買いで下落しやすい

関連記事

Category: FX

Tag: FX  ドル円 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://2525fx.com/tb.php/13524-75f80c0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)