11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

【2525fx】ニコ生FX ファンブログ【ニコ速fx】

ニコ生FX ニコニコ生放送 FX・BO・株・先物などをまとめたブログです。(ニコニコ楽しみながら投資♪)

 

【市況】「今後の重要イベント」【6月は重要イベントが続出】 

●今後のイベント
5/30 NYとロンドン休場
6/01 国会会期末 首相会見予定(消費税延期表明?)
6/02 ECB,OPEC総会
6/03 米雇用統計
6/06 イエレンFRB議長講演
6/10 メジャーSQ
6/14-15 FOMC
6/15-16 日銀
6/23 イギリスEU離脱国民投票
7/10 参院選
7/26-27 FOMC
7/28-29 日銀


注目は、日米の金融会合、イギリスEU離脱国民投票
日銀とFRBはイギリスEU離脱国民投票前なので」動きにくい面もあります。
イギリス世論調査のニュースは抑えておきたいポイント

もしFOMC・日銀が現状維持となっても、7月に日銀追加緩和、FOMC利上げの可能性もあります。

米利上げ確率は
6月 28% 
7月 61%

米FOMC 6/15,7/27,9/21,11/2,12/14 [イエレン議長記者会見3,6,9,12月]

大統領選挙を考えると、過去データでは9月11月は利上げには動きにくい。
FRBのいう今年2回の利上げをするには、6月、7月、12月
イエレン議長の発言から連続利上げはない
6月もしくは7月と、12月の2回がスケジュール的には良い流れ

日本としても、消費税延期、選挙あり、首相「リーマンショック前と似る」というのですから、
「財政出動、追加緩和」に動く可能性は十分あります。
6月7月FOMCの後の日銀なので、FOMCの動きを見てから日銀は動けます。


●FOMCを軸にトレード戦略
月初の米指標確認 →イエレンFRB議長の講演 米利上げ確率を確認しつFOMCや日銀に備える。

6/03 米雇用統計
6/06 イエレンFRB議長講演
6/14-15 FOMC

個人的にはマーケットは期待と失望で動きますので、
結果どうこうよりも、期待感が高まるかどうか?

例えば、
4月の日銀会合前、期待感が高まって、ドル円・日経が大きく上昇↑
FOMCや日銀の結果で勝負するよりも、
事前の期待上げを取るほうがトレードしやすいです。



関連記事

Category: 市況・マイトレード

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://2525fx.com/tb.php/13394-f307335c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)