11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

【2525fx】ニコ生FX ファンブログ【ニコ速fx】

ニコ生FX ニコニコ生放送 FX・BO・株・先物などをまとめたブログです。(ニコニコ楽しみながら投資♪)

 

【FX】ドル円「注目しておきたい一目均衡表の雲」 

9:18
ドル円は、先週FOMC議事録で米利上げ観測が強まり、110円台回復サプライズ!

・米6月追加利上げ観測が続くならば、ドル円下支えに
・110円台は国内企業の実需の売りがでやすい
・テクニカルはフィボナッチから一目均衡表へ


先週中頃まで日銀ショックの61.8%戻し水準 109.50前後で上値を押さえられていましたが、
FOMC議事録で、米利上げ観測が強まりドル買い
ドル円が110円超えへ

待ち構えていたのが実需の売り。
GW前後の国内決算発表で、多くの企業がドル円想定為替レート110円に変更
体力のある企業 トヨタなどは105円設定 
全体的には105-110円程度

想定為替レート110円の企業は、
ヤレヤレと待ってましたと輸出企業が為替の手当をしてくるでしょう。
米利上げ時期も不透明で、まだまだ円高トレンドが解消されたとは言えず
売りが出やすく上値が重い材料に。



●ドル円 日足 一目均衡表
一目均衡表の雲に上値を押さえられています。
売りをこなして上昇する材料が欲しい。

来週になると雲が薄くなり、実需の売りが落ち着き好材料が出てくれば上抜けも。
今週はむりしないトレード
SnapCrab_NoName_2016-5-23_9-16-12_No-00.png


●今後のポイント
ほんとに6月の米利上げはあるのか?

先々週、金利先物市場の6月の利上げ確率はわずか4%
それが先週30%まで上昇。
背景は先週「米指標が良かった」「地区連銀総裁のタカ発言」「「FOMC議事録」
米金利上昇→ドル買い→ドル円110円回復となりました。

6月利上げが高まったといはいえ
低すぎた利上げ確率が修正されただけ。
6月利上げ確率的は30%程度です。まだまだ利上げしない方が多い状況。


・イエレンFRB議長の講演 5/27 6/6  ←重要
 もし追加利上げするならば昨年12月利上げ前のように事前に示唆?
 (バーナン前FRB議長からの市場との対話 金融市場の混乱を和らげる)

・イギリス「EU離脱の賛否問う国民投票」へのリスク 離脱賛成派が増えれば利上げはない
・FRBがいう年内2回の利上げを行うには、日程的には6月と12月が望ましい。
 9月は大統領選前なので過去データから利上げは難しい。
 7月と11月のFOMCはFRB議長の会見ナシ。利上げの可能性は低い。利上げするならば緊急会見も?


●米長期金利 日足
先週、利上げ観測が強まり米金利が急騰
日米金利差拡大からドル円が上昇しました。

利上げ観測が後退すれば、再び米金利が下がりやすくなり、
日米金利差縮小からドル円は下落しやすくなります。
SnapCrab_NoName_2016-5-23_9-59-30_No-00.png


16:01
●ドル円 日足
ドル円は109.50台まで下落
今年は雲で上値を押さえられてしまい重い。
SnapCrab_NoName_2016-5-23_16-1-35_No-00.png

関連記事

Category: FX

Tag: FX  ドル円 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://2525fx.com/tb.php/13363-89d06459
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)