11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

【2525fx】ニコ生FX ファンブログ【ニコ速fx】

ニコ生FX ニコニコ生放送 FX・BO・株・先物などをまとめたブログです。(ニコニコ楽しみながら投資♪)

 

【FX】ドル円「要人発言等で、一時107.46まで反発」【ショートカバー】 

7:19
ドル円は一時、107.46円まで上昇
ドル円ロンガーを狩った後に、好材料の要人発言が次々にあり、ショートカバーへ

ショートカバーは一時的な上昇になりやすいので要注意です。


・フランクフルトを訪問中の麻生財務相と黒田日銀総裁 海外メディアを通した円高牽制発言
・6月利上げの可能性を示唆した米地区連銀総裁発言 
・米財務長官による現状の日本の為替政策に対する理解 ←重要


麻生財務相と黒田日銀総裁の発言内容は同じですが、海外での発言。重みが違います。
ルー米財務長官の発言は、日米為替に対する温度差があっただけに、ドル円買い支援材料です。

期待されていない6月の利上げ。
金利先物市場での米利上げ確率
06月FOMCに利上げする確率 12% ←ここまで期待されていないのかってくらい低い
12月FOMCまでの利上げ確率 55%

アメリカの金融政策でうまいのは要人発言
市場が期待や失望に偏り過ぎないようにコントロール
アトランタ連銀総裁、サンフランシスコ連銀総裁のタカ派発言で、ドル高へ

※両者2016年のFOMC投票権はありませんので、発言の効力は弱い。


日銀ショックは、日銀会合前にブルームバーグ日高記者の日銀追加緩和観測記事で、
日銀期待が高まりすぎて過剰な失望売りに。 
(日高記事でドル円2.5円上げ 日銀失望で5円下げ 倍返しだ!)

政府・日銀は円安に動いていたので、ガセ記事をスルーしていたのかもしれませんが、
ガセならガセで、期待を落ち着かせることも大事だったかと思います。
黒田総裁会見「検討していませんでした」と言われたら余計ショックはでかいでしょ。
(昨年12月 期待から失望に変わったドラギショックのような事が起きて当然)


フランクフルトを訪問中の麻生財務相と黒田日銀総裁 海外からも円高牽制発言

麻生財務相
為替市場の動向を注視している。
円相場の行過ぎた動きを懸念。

黒田日銀総裁
必要なら追加緩和を行う。

ルー米財務長官
日本はあらゆる政策手段を動員する必要。
日本は為替政策についての国際的約束を守っている。

ロックハートアトランタ連銀総裁
経済は第1四半期の落ち込みから回復しつつある。
6月の利上げは現実的な選択肢。
市場は6月の行動に対して過小評価をしている可能性。

ウィリアムズサンフランシスコ連銀総裁
FOMCが緩やかなペースで利上げを実施すると確信。
FOMCの今年の決定を支持。
2016年のGDP伸び率を2%前後と予想。
追加利上げには進展の継続を確認する必要。
進展が続くようなら、6月利上げも十分あり得る。


関連記事

Category: 市況・マイトレード

Tag: FX  ドル円 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://2525fx.com/tb.php/13253-14cae3ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)