11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

【2525fx】ニコ生FX ファンブログ【ニコ速fx】

ニコ生FX ニコニコ生放送 FX・BO・株・先物などをまとめたブログです。(ニコニコ楽しみながら投資♪)

 

【ニュース】「1秒間に1千回…株の超高速取引規制へ」【株価乱高下など】 

9:56
1秒間に1千回…株の超高速取引規制へ 金融庁
http://www.asahi.com/articles/ASJ485GQ9J48ULFA021.html

金融庁は、1秒間に1千回前後の頻度で株を取引する「超高速取引(HFT)」の規制に乗り出す。先行する欧州や米国を参考に、今月から有識者会議の金融審議会で規制のあり方を話し合う。株価の乱高下を防ぐ狙いだが、市場関係者から反発も出そうだ。

 麻生太郎財務・金融相は8日の閣議後会見で「相場急変動の要因の一つになっているのではないか」と述べた。審議会ではHFT業者を登録制にすることなどが検討されるとみられる。

 HFTは「アルゴリズム」と呼ばれるプログラムで自動的に行われる取引で、東京証券取引所で成立する取引の4割を占めるとされる。大量の売買を繰り返して利ざやを稼ぎ、その過程で株価が急変動することがある。


トレーダー目線で、「超高速取引(HFT)」「投機筋」には良い面・悪い面があり、
デイトレードにおいて、ボラティリティが重要です。
あるていど、株価が乱高下した方がトレードしやすいです。

例えば、
日経225先物 上下200-300円動く中で、30-50円抜きは難易度が低いです。
1日に上下100円しか動かない地合いでは 30-50円抜きするのも難しいです。
ドル円 1日100pips動く地合いと、1日50pips以下の地合いではFX難易度・収益が異なります。
ヨコヨコ相場が長期間続くと、個人トレーダーは\(^o^)/オワタ


●2010年 アローヘッド(超高速システム)の導入
株式市場では、2010年1月 東京証券取引所で、アローヘッド(超高速システム)の導入後
アルゴが猛威を振るうように変わりました。
昨年2015年には、アローヘッド(超高速システム)はさらに高速化。
昔使えた手法が、今では使えなくなったこともありますし、
個人トレーダーは、時代に合わせてトレードスタイルも変化させないと相場で生き残れません。


●日経225先物のメインプレイヤーも変わりました。
昔は、ゴールドマン・サックス、クレディ・スイスの存在感が大きかったですが、
高速売買が主流となった今は、
ABNアムロ、ニューエッジの存在感が増しています。

現在1日の日経225先物の取引量 
約4割程度をABNアムロ、ニューエッジの2社で占めています。
時には全体の6割を占めることも。

●日経225先物 売買動向
ABNアムロ、ニューエッジの取引量は多いです。
アルゴ取引で、昼夜コンピュータ売買を繰り返しています。
為替と連動させて仕掛けるCTAの動きも、ABNアムロ、ニューエッジの売買動向に現れています
2016-4-9_9-51-4_No-00.png

2015/6/26
【TV】ワールドビジネスサテライト「市場惑わす超高速取引とは」【WBS】
http://2525fx.com/blog-entry-10990.html


2015-6-26_8-51-14_No-00.png
2015-6-26_8-55-14_No-00.png
2015-6-26_8-54-17_No-00.png
2015-6-26_9-2-34_No-00.png

関連記事

Category: ニュース

Tag: 超高速取引 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://2525fx.com/tb.php/13028-ab364bc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)