11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

【2525fx】ニコ生FX ファンブログ【ニコ速fx】

ニコ生FX ニコニコ生放送 FX・BO・株・先物などをまとめたブログです。(ニコニコ楽しみながら投資♪)

 

【市況】日銀「日銀は大胆な追加緩和に動きにくくなりました」【日本批判】 

8:00
日銀は大胆な金融政策を打ち出しにくくなりました。

2016/2/27
20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で、
為替相場の下落につながるような政策決定を行う際に事前に通知することで合意
2016/3/10 ECB理事会 
ドラギ総裁『更なる金融緩和を想定していない』

●投機筋 CFTC、IMM
円買いを続け、黒田バズーカを警戒する動きが見られず、
日本の追加緩和に動じなくなりました。
※円買いが溜まっているので、日銀サプライズがあれば、ショートカバーが期待できます。
2016-3-12_18-36-46_No-00_20160315083404d4f.png

●もしも日銀が動くならば
「日銀ETF買いの増枠」を予想
・1月2月の金融市場の混乱で、日銀砲(ETF買い)の玉を多めに使いました。
・政府としては、7月参院選に向けて、3月期末の日経平均・TOPIXを押し上げたい思惑あり。
・選挙前にGPIFの1-3月収支報告で、年金の多額の損失が公になるのを控えたい(野党の選挙材料)
玉の補充は時期尚早ですが、株式市場にプラス効果が期待できます。

「日銀ETF買いの増枠」なら海外には悪影響をおよぼすこと無く、
日本株が上がればドル円も上がりやすい
(ETF枠増枠だけでは効果は限定的に思います)


日銀は前回の日銀会合1月29日にマイナス金利を導入
以前から、マイナス金利導入に否定的だった黒田総裁。
地ならしがなかったので、金融市場の混乱を招き批判も大きかったです。


黒田総裁は、1月21日の国会で、「マイナス金利政策は考えていない」と発言しました。
にもかかわらず、1月29日にマイナス金利導入。
時期が悪く、1月下旬に欧州ドイツ銀行を発端に、欧州金融不安が起きた時期。
世界の銀行株が売られ、銀行株が主導とした世界同時株安の要因の一つになりました。
(マイナス金利導入は銀行にネガティブ材料)

遡ること2014/10/31 追加緩和、
黒田総裁は、事前に国会で追加緩和は考えていないと発言

黒田総裁はこれまでもサプライズ効果を意識しているとみられ、
マイナス金利導入時も、サプライズ効果狙った発表が、
金融市場に混乱を招く結果となってしまった。

※欧州の場合は、1年前からマイナス金利導入を示唆していました。


ここ数年、各国の通貨安競争がみられます。
FXトレーダーからすれば、ボラが大きくなり嬉しい相場

しかし、いったんある国が(切り下げを)始めれば、他国が追随するリスクは非常に大きい

※昨年から株式・為替の値動きから、金融政策の効果に限界も感じます。

ドラギ総裁『更なる金融緩和を想定していない』という発言は、
通貨安競争の歯止めをかけた意味も感じました。


日本も、大胆な金融政策を打ち出しにくく、
またこれまでのようなサプライズ効果を狙った発表もしにくくなったと思います。

それを見越して海外勢は
日本は何も出来ないだろうと、安心の円買いを続けている面も見受けられます。

関連記事

Category: 市況・マイトレード

Tag: FX  日銀   
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://2525fx.com/tb.php/12807-7b9ea9b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)