FC2ブログ
01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

【2525fx】ニコ生FX ファンブログ【ニコ速fx】

ニコ生FX ニコニコ生放送 FX・BO・株・先物などをまとめたブログです。(ニコニコ楽しみながら投資♪)

 

【株式】日経平均「追証投げに気をつけましょう!」【松井証券 信用評価損益率 -25.9%】 

20:39
松井証券の信用評価損益率 -25.9%

日経平均は、たった2ヶ月で5,000円下落しました。
特に先週の下げは厳しく1週間で-2,500円下落し
アベノミクス相場、最大のピンチです。

追証が発生する段階まで、買い方の口座は傷んでいます。
2016-2-14_20-35-27_No-00.png
※松井証券に限らず、証券各社同じ状況だと思います。

週末夜間、大幅反発しましたが、
週明けは追証回避の投げ売りや強制決済も発生しやすいので、売り圧力にご注意ください。

紅に染まった(´;ω;`)
2016-2-13_10-54-41_No-00_20160213210730303.png



●短期トレード戦略
追証に絡んだタイミングで、日経225先物やFXで短期売買をします。
(為替まで影響するか分かりませんが、
ドル円も日経も急落で、買い方が苦しい状況は同じなので、注意しておいた方が良いでしょう)

過去、FXも朝のメンテ時間(強制決済)で、ズルっと急落することもありました。
薄商いの時間帯なので、値が飛びやすいというのも。


●春節明けの上海市場に注意
上海は、先週1週間休場で、春節明けの上海市場の動きに注意したいです。

株式・為替ともに反発上昇している時は良いですが、
下げ始めると、
個人の口座が傷み、投資家心理も悪化しているので、
「早く売り抜けなきゃ、早く逃げなきゃ」と下げ足を速めることも。

きっと、明日は10時過ぎになると、みんなが上海に注目しだします。

朝方、ゴトー日でもあり、ドル円・日経反発上昇していれば10時頃一旦決済して、
人民元・上海株を見ながらエントリーし直すというのもアリだと思います。

Category: 市況・マイトレード

tb 0 : cm 0   

【FX】高安値幅「米ドル/円 187.0 ユーロ/米ドル 115.0」  

取引日:2016年02月12日
2016-2-14_18-37-33_No-00.png

非常に値幅が大きい相場が続いています。
2016-2-14_18-41-12_No-00.png

●地合いに合わせて、利確・損切り値幅や枚数を調整しましょう!

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
「ポン円はどのくらいの逆指値が目安でしょうか?」という質問を頂きました。

ご質問の回答に補足しますと、
損切りの幅について、私の場合はボラティリティ「平均値幅」を意識しています。

例えば、ドル円
1日50pipsしか動かないヨコヨコの時期もあれば、先月以降は100pips以上動いています。

私の場合は値幅の記録をつけながら
地合いに合わせて、利確・損切り値幅や枚数を調整しています。

感覚的には、気温によって服装を調整する感じです。

50pispしか動かない相場で、20pips幅を狙うのは難易度高いので、
利確損切り幅を小さくしたり、
今の値幅の大きい地合いなら、50pips幅も狙えます。
損切りも、今は値幅が大きいので小さめに設定するとすぐに損切りにも。

ボラティリティの低い相場(値幅が小さい) → 利確・損切り幅を小さく
ボラティリティの高い相場(値幅が大きい) → 枚数を減らしたり、利確・損切り幅を大きめ


2月の大荒れ相場、FX生主さんやリスナーさんなどで、
「たった数枚で大怪我されてしまった」とのコメントなどを見かけます。

1枚でも大火傷する相場するボラティリティが高い相場が続いていますので、
枚数や資金管理にご注意ください。m(__)mペコリ


●補足
株式・先物の場合、私が気にして見ているのが

VIX指数(恐怖指数)の日本版
日経平均ボラティリティ・インデックス
http://indexes.nikkei.co.jp/nkave/index/profile?idx=nk225vi
(リンクが間違っており修正しました。ごめんなさい。)

49.84まで上昇↑。数年に1度の荒れ相場です。

値幅が大きく、乱高下しやすい相場を意味しており、
リスク管理に気をつけないと、追証や退場もありえます。

リーマンショック以来の高水準
2016-2-14_19-30-19_No-00.png
※上記は1日1回の終値の更新。株式ツールの場合リアルタイムで数値を見れます。


プラス思考に考えるならば、
日経平均ボラティリティ・インデックスが高水準で、
日本株が大きく変動するのがわかっているので、値幅が取りやすく、
日経225先物や日経オプションの期待値も・・・↑↑↑

オプションのうまみというのは、BOにしてもボラティリティです。
海外のヘッジファンドやCTA(商品投資顧問業者)による
日経225先物や為替の仕掛け売りで日本を食い物にされています。

ドル円・日経を連動させた荒れ相場の裏側には 
いつもコンピュータ売買を得意とするCTA(商品投資顧問業者)が現れ
日経225先物でいえば、ABNアムロ、ニューエッジの売買高が急激に増え
「ABNアムロ +ニューエッジ」で先物市場の半分を取引していることもよくあります。

Category: ■為替-高安値幅

Tag: FX  高安値幅 
tb 0 : cm 1   

【FX】ドル円・ユーロドル「大口(投機筋)の売買動向」【CFTC・シカゴIMM】  

7:56
大口(投機筋)ポジション CFTC・シカゴIMM
週末発表された大口動向をチェック♪
チャートでは気がつきにくい建玉の偏りや大口の売買傾向をみて、
今後のトレード戦略に活かしたいと思います。


ドル円について
今年1月に投機筋の建玉が、
2012年10月ぶり「円買い越し」に転換しました(ドル円下落要因↓)


2015年までのアベノミクス相場では常に海外勢は円売りに傾いていました
(円売り=円安=ドル円上昇↑)
2016年、投機筋の円ポジが2012年10月以来の買い越し転換。アベノミクス以降初
(円買い=円高=ドル円下落↓)



※2/11(日本祝日)のドル円急落について
リーマン・ショック以降の経験から、
投機筋がドル円ショート(円買い) 個人はロングロング している中で、
日本休場の薄商いに狙われたというのもあろうかと思います。


CFTC建玉明細(大口投機家)
◆日本円/米ドル(レート USD/JPY)
※投機筋の動きとドル円は連動して動きやすいです。
投機筋が(円買い=円高=ドル円下落↓)のままでは、上昇しにくいです。
・2016年の米追加利上げ見通し 年4回 → 1,2回
・海外勢が黒田総裁、安倍首相への期待が失望に変わっていることも影響
今後の追加利上げ 3月の利上げ無しで6月にズレる可能性大。
米追加利上げ時期が高まると、再び円売りになるでしょう。
2016-2-14_8-5-43_No-00(2).png


CFTC建玉明細(大口投機家)
◆ユーロ/米ドル
ドル売りの流れで、ユーロショートがかなり減っています。
一旦は、米追加利上げ後退で、ドル売りユーロ高になっていましが、
いずれ米利上げ期待が高まると、
欧米の金融政策の方向性の違いから(米FRB利上げ、欧州ECB緩和)
ユーロの下落が期待でき、ショートポジが減っていることから値幅が取れるでしょう!

2016-2-14_8-12-39_No-00.png

Category: ■為替-CFTC 大口ポジション

Tag: FX  ドル円 
tb 0 : cm 4