FC2ブログ
01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

【2525fx】ニコ生FX ファンブログ【ニコ速fx】

ニコ生FX ニコニコ生放送 FX・BO・株・先物などをまとめたブログです。(ニコニコ楽しみながら投資♪)

 

【市況】「安全資産にお金が逃げている 国債買い・円買い」 

22:40
ドル円が大きく下落していた
要因の一つとして、
米債券利回りの低下による日米金利差縮小によるもの。

これまで説明したように
米債利回り低下が落ち着かないと、ドル円は下げ止まりません!


日銀会合以前からの問題。
もし日銀が動かなくてもドル円は下がるのが、目に見えていました。

●なぜ米債利回りが低下しているのか?
その1
昨年を振り返ると、米利上げ期待で金利上昇↑
日米金利差拡大 ドル円は上昇↑

2015年12月 米利上げ
一旦材料出尽くし頭打ち (過去の米利上げ局面からも)

今回は利上げペースが緩やか
さらに2016年 利上げペースが後退 年4回から1,2回 ヾ(゚Д゚ )ォィォィ

期待から失望に。金利は下がります。日米金利差縮小でドル円はさがる。 
 
その2
世界の混迷で、比較的安全とされる国債にお金が逃避している
債券高(利回り低下)


本日は、米長期金利1.567%まで急落して下げていました。
日米金利差縮小から、ドル円は急落

米長期金利 日足
・日米金利差縮小によってドル円は急落
2016-2-11_22-34-45_No-00(2).png

●今夜は山場!
こんなに債券市場が荒ぶるのは年1度あるかないか
比較的安全とされる米国債、ドイツ国債、円が買われ、お金が逃げています。

過去に、急激な債券高(利回り低下)で、
株式やドル円が暴落したことも多くありました。

欧州の債券市場も危ない兆候があるのは先日の記事にも書いたとおり、
ドイツ国債が買われて、金利は低下↓
スペイン、イタリア、ポルトガル、ギリシャなどは逆に金利上昇↑

●急反発し、株高になることも。
ここまで下がると、どこかで逆に急激に債券が売られ株式にお金が戻ります。
それがセリクラ的な動きにも。

株式・為替・商品・債券 お金がどこに向かうのか?
今夜の米株は注視ておきたいです。

Category: FX

tb 0 : cm 0   

【市況】「日経平均・ドイツDAX・NYダウ・ドル円 前日比比較」 【2月日経-1800円↓ ドル円-8円↓】 

15:17
アベノミクス相場 最大のピンチ!

追記:
昨夜からの値動きでドル円が昨日から -2円の下落にし対して、CME日経225先物-300円
ドル円が大きく下げている割に、日経の下げは限定的。
2016-2-11_16-39-42_No-00.png
1つの要因としてSQ
2月限のオプションは、昨日が最終売買日で明日がSQ(満期日)
※BOと同じようにもう買うことも売ることも出来ません。
SQ値の着地点として、オプションの大人の都合もあろうかと思います。
(SQ15000以下は困るとか)


株式・ドル円ともに買い方の口座が大変傷んでいます。
追証が発生しやすく、
投げが投げを呼ぶ展開オーバーシュートに注意してください。


今後の日本市場は為替次第と言ってよいでしょう


●日経平均・ドイツDAX・NYダウ・ドル円 前日比比較
2月 日経は合計 -1800円下落↓ ドル円は約-8円下落↓ 
NYダウに比べると日経の下げが厳しく円高が重荷。

紅だぁああああああああ!
アメリカの下げ幅は限定的。本格的な下落があれば更に日経も・・・:;(∩´﹏`∩);:
2016-2-11_11-5-1_No-00.png

●アベノミクス相場 最大のピンチ
松井証券 信用評価損益率 買い方 -22%

他社も追証が発生しやすいレベル。
ぶん投げによる下落に注意
2016-2-11_10-23-19_No-00(2).png

●くりっく365 売買建玉の推移 米ドル/円 (日足)

第三者から見れば、
「下がっているからSすれば簡単じゃん!」と思うでしょ。
でも、これが現実なんです。
買い比率 92.9% 売り7.1%

2015年以降のドル円ロンガーはみな含み損に(´;ω;`)
「ロング脳」「逆張り脳」
逆張りのロングがさらに糞ポジが溜まる悪循環に。口座は大炎上
2016-2-11_10-2-22_No-00.png

Category: 市況・マイトレード

Tag: FX  株式  先物 
tb 0 : cm 0   

【FX】ドル円「下落が止まらない」個人買いvs海外勢売り【円高ドル安】 

8:18
ドル円113円台まで下落。最悪の状況となっています。
株式市場にとっても、企業の想定為替レート115-120円程度(日銀短観レート118円)と考えると、
円高による下押し圧力も強まります。

昨年の12月FOMC前の記事より
●過去の利上げ局面では、米利上げ後一旦ドル円は下落 材料出尽くし 
1994年2月の米利上げ局面で円相場は1ドル=109円台から99円台まで円高
1999年6月は121円台から102円台まで円高

2015年12月は122円台(FOMC前後)から現在113円台に。
過去のアノマリー通り、利上げ後は円高に・・・


●気がかりなのは、個人のドル円ロング比率の多さ
「ロング脳」に慣れきってしまっていること

くりっく365 ドル円比率は 買い92.3% 売り7.1%

リーマン・ショックで「私はドル円ロング脳」で痛い目をみて学びました。
・個人ロングの足の引っ張り合い (糞ポジが溜まる)
・含み損に耐え切れずに投げが投げを呼ぶ展開に
・個人は損切り出来ない人が多い。限界まで堪えてしまう。最後はお祈り投資法。
(過去に苦い思いをたくさんしてきたので、今のドル円ロンガーの気持ちもよくわかっています)

●くりっく365 ドル円売買建玉推移
ドル円比率は 買い92.3% 売り7.1%
個人は、ドル円下落局面で逆張りのロングを続けています。
ドル円は下落が続いているので、2015年以降にロングした人はみんな含み損
2016-2-11_8-30-7_No-00.png

●ドル円下落要因
・米追加利上げ時期後退 3月→6月? 年4回→1、2回
・米金利下落 → 日米金利差縮小 
・ドル安 
・株安 →米国債買い 日米金利差縮小
・個人のロングが溜まっている (個人はずーっとL、逆張りロングロング)
・海外勢は12月からドル円を売っている (円買い)
 投機筋の建玉は1月に2012年以来の円買い転換(ドル円下落要因)

●ドル円
2016-2-11_8-17-18_No-00.png
●ドルインデックス 日足
・米利上げ時期後退 ドル安
2016-2-11_8-16-9_No-00.png
●米長期金利
・日米金利差縮小となり、ドル円下落要因
2016-2-11_8-15-38_No-00.png
●FXは建玉の奪い合いです。
海外勢は、個人が弱っているみれば蹴落としてきます。ご注意ください。
頼みの綱の日銀は、今年から日銀会合の回数が減り次回3/15 1ヶ月以上先です。
 ○    
 く|)へ
  〉   ヽ○ノ
 ̄ ̄7  ヘ/
  /   ノ
  |
 /
 |


Category: FX

tb 0 : cm 0