FC2ブログ
10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

【2525fx】ニコ生FX ファンブログ【ニコ速fx】

ニコ生FX ニコニコ生放送 FX・BO・株・先物などをまとめたブログです。(ニコニコ楽しみながら投資♪)

 

【FX】ユーロドル「10月追加緩和観測以降下落が続くユーロドル」【ボーナスステージ】 

18:05
10月 ECBの追加緩和観測以降、ユーロは下落トレンドへ

●金融会合予定
12/03(木) ECB・ドラギ総裁会見 ←10/22 ドラギ総裁 追加緩和示唆 ユーロ安
12/16(水) FOMC イエレンFRB議長会見  ←イエレン議長 年内利上げ示唆 ドル高

ユーロ安ドル高によって、ユーロドルは下がりやすい


ユーロドル 日足
・12月 ECB・FOMCに向けて下落しやすい状況が続いています。
2015-11-30_17-50-22_No-00.png

CFTC建玉明細(大口投機家)
◆ユーロ/米ドル
昨年11月以降、ECB量的緩和期待からユーロはショートが増え続け、
3月にはユーロショート過去最大にパンパンに膨れていました。

その後、ギリシャ、中国景気減速、フォルクスワーゲンショックなどで、リスク回避のユーロ高
巻き戻しショートカバーが起き、ユーロのポジションは調整されました。

再び下落へ
ポジション調整したことで、ユーロの下げ余地を広がっています。

※レートで判断するよりも、
株式・為替もどれくらい大人はポジションを積み上げられるか?という目で見ています

ショートが溜まり過ぎると、下がりにくく巻き戻しも起きやすい
先物でも、ゴールドマンサックスがロング○○万枚以上積み上げたら日経は危険とか・・・
2015-11-30_18-19-48_No-00.png
※最新のデータは先週米休場だったため、次回12/1発表?


●注意点
・ユーロショートの積み上がり 
 3月と比較すると、下落余地はまだありますが、
 過去データから20万超えてくるとポジション調整も出やすくなります。

・リスク回避のユーロ高
 世界に悪材料がでてくると、ユーロ高になりやすい
 (今年の特徴として、リスクオン→ユーロ安、リスクオフ→ユーロ高) 


10月を振り返ると、今年の戻りのユーロドル売り場でもありました。

10/15
【FX】ユーロドル「1.14台からの戻り売り」
http://2525fx.com/blog-entry-11720.html

ユーロドル 日足
今年1.14台で高値 1.15を越えられずに反落するケースが多く、
うまくショートを仕込むことが出来ました。
大相場に乗るには、日足や週足など長い足でイメージを作っておくことも大事です。

※8/24 高値1.171 ←中国ショック ドル巻き戻しのパニック相場 イレギュラーの大幅高
2015-10-15_23-14-30_No-00(2).png


Category: FX

Tag: FX  ユーロドル 
tb 0 : cm 0   

【市況】日経平均「トレードしやすかった11月相場」【需給が大事】 

16:12
もう11月も終わり。早い早すぎるよ~

11月相場を振り返りと
パリテロ、中東不安、月末には中国株急落などありましたが、
株式・為替もわりとトレードしやすかった11月

個人的には、お腹を空かせた海外勢が、
日本株を買い、ドル円は円売り(ドル円上昇)するのが予想できたからです。

●過去最大級の日本売りを仕掛けた海外勢が再び日本株買い


<海外投資家の売買推移(億円)>
現物 先物 合計
2015年8月第2週 -3,179 -2,264 -5,443
2015年8月第3週 -4,004 -8,573 -12,577
2015年8月第4週 -7,070 -11,760 -18,830 ←超鬼売り 今年最大
2015年9月第1週 -4,817 1,434 -3,383
2015年9月第2週 -10,348 -716 -11,064
2015年9月第3週 -7,857 248 -7,609
2015年9月第4週 -759 -4,493 -5,253
2015年9月第5週 -1,988 -4,651 -6,640
2015年10月第1週 2,102 1,077 3,180 ←9週間ぶりに海外勢が買い越し
2015年10月第2週 -267 -1,549 -1,817
2015年10月第3週 1,882 1,307 3,189
2015年10月第4週  912 1,973 2,886
2015年11月第1週 1,318 1,411 2,730
2015年11月第2週 3,003 4,451 7,455
2015年11月第3週 2,447 3,964 6,411


日経平均 週足
・海外勢の売買に連動
ぶっちゃけ日本株は海外勢が売れば下がる。 海外勢が買えば上がる。
2015-11-30_17-14-37_No-00.png

決め手は需給
株式やFXは、海外勢がお腹を空かせた所で仕込むと勝ちやすい!

夏の中国ショック以降、 
各種データから、日本株やドル円(円のポジション)はカラカラ状態まで売り込まれました。

海外勢が8週連続 日本株を売り越し 過去最大級の鬼売り

海外勢のお腹はスカスカ
※売りが枯れると下がりにくくなり、仕込みどき。
↓ 
海外の不安材料が落ち着き、再び日本株買いへ

海外勢が5週連続 日本株を買い越し   

10月の段階である程度、腹を空かせた海外勢が再び買うというのがイメージ出来ていたわけで、
買いを仕込んで海外勢が買い上げてくれるのを待つだけ。
10月後半からリスクヘッジしつつ気絶。

FXドル円やユーロも同じ状況でした。ドル円は買い場、ユーロドルは売り場だったわけです。


●日本株 上昇の背景は海外勢
8月の下落局面で、中国景気減速だなんだ言われていましたが、
結局は売られたから日本株・ドル円は下げていました。

誰が売っていたかというと
海外勢が8週連続 日本株を売り越し
現物4兆円 + 先物3兆円 合計7兆円
 ←過去最大級 日経大幅下落へ

そして10月・11月
中国や海外マーケットが落ち着き、再びリスク許容度が高まり、
海外勢が割安感のある日本株買い日経上昇モード↑


●今後は難易度上昇
11月、日経ロング、ドル円ロング、ユーロショートが積み上がってきました。
海外勢がいつまでも買い続ける、売り続けるということはありません。
ポジショが溜まれば溜まるほど難しくなります。

よくある材料出尽くしというのは、
大口が「もうお腹いっぱい もう食べられないよー」という所で利益確定売りが出やすくなります。

2015-11-30_15-31-13_No-00.png

●関連記事
10/21
【市況】日経平均「待ってました!大幅続伸 1万8500円台」【上昇モード】
http://2525fx.com/blog-entry-11755.html
・アノマリー 株は10月に買え (株は10月に買うのが最もパフォーマンスが良い)

Category: 市況・マイトレード

Tag: FX  株式  先物 
tb 0 : cm 0   

【FX】GMOクリック証券「新FXネオ、11月30日(月)よりデモ取引開始!」 

2015-11-30_9-2-15_No-00.png

新サービス移行に係る特設サイトを開設しており、下記よりアクセスできます。
https://www.click-sec.com/corp/guide/fxneo/

11/30 12:00~ デモ取引開始

■今後のスケジュール
2015年11月30日 : デモ取引サービス申込および取引開始
2016年1月18日 : 新サービス先行取引開始(モニター向け)
2016年2月8日 : 新サービス正式取引開始
2016年2月26日 : 現行のFXネオ取引サービス終了

ユーロやポンドを取引する際に、
ユーロポンドの動きも重要視しているので、
ユロポン、ユロオジ、キウイドルが追加されたのが嬉しいです。
2015-11-30_9-5-34_No-00.png

Category: FX

Tag: FX  GMOクリック証券 
tb 0 : cm 0   

【市況】CRB指数「原油価格など商品相場に要注意」12/412月4日OPEC総会 

7:05
今後の不安材料は商品市況


12月4日 石油輸出国機構(OPEC)総会

夏相場の中国ショック以降、株式為替は反発しましたが、
商品市況は下がり続けています。

原油安・商品安が長引くと、なんとか耐え忍んできた企業の経営危機によって、
2016年 「コモディティショック」となる恐れも注意しておくべきでしょう。

CRB指数 週足
エネルギー・貴金属・農産物などのコモディティ市況を表すCRB指数
2015-11-30_7-0-56_No-00.png
原油 週足
2015-11-30_7-1-47_No-00.png

・アメリカ利上げ(金は基本的には金利は生まない)
・中国景気減速
・原油供給過剰
OPEC生産量は最高水準、イラン産原油の輸出拡大へ

イランは原油の確認埋蔵量が世界4位、天然ガスは世界1位の資源大国
・制裁が解ければ直ちに原油輸出量を日量50万バレル、半年後にさらに50万バレル増やす


ガソリンや灯油価格が安くなるのは、消費者にとって大変嬉しいですが、
このまま原油安が続くと企業側は淘汰されていくでしょう。

2015年 国内
・「出光興産+昭和シェル石油」の経営統合
・「JXホールディングスが3位の東燃ゼネラル石油」統合検討
海外
・シェールガス関連企業や、コモディティ(商品)関連企業 に大打撃
・ブラジル、ロシアなど資源国は米利上げの影響も受け厳しい。要注意

Category: 市況・マイトレード

Tag: CRB指数  原油 
tb 0 : cm 0