11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

【2525fx】ニコ生FX ファンブログ【ニコ速fx】

ニコ生FX ニコニコ生放送 FX・BO・株・先物などをまとめたブログです。(ニコニコ楽しみながら投資♪)

 

twitter・ブログ相互リングもよろしくお願いします。

12/08(木) 欧「ECB(ドラギ総裁会見)」12月に資産購入プログラム変更の可能性(発言注意)
12/09(金)09:00 日「メジャーSQ」SQ週は荒れやすい
12/15(木)03:00 米「FOMC(会見あり)」利上げの可能性が高い
12/15(木) 英「MPC(金融政策委員会)」11/3 年内の追加利下げを撤回示唆
12/20(火) 日「日銀会合」15:30「黒田総裁会見」円高が落ちつき様子見姿勢続く
12/23(金) 日「休場(天皇誕生日)」
12/26(月) 米「休場 クリスマス(12/25)の振替)」
12/30(金) 日「大納会」今年もお疲れ様でした(_ _)
01/02(月)「日米など休場」
01/03(火) 日「大発会」2017年!気持ちを新たに頑張りましょう♪皆さん爆益あれ!
01/20(金) 米「新大統領就任式」トランプ大統領
01/31(火) 日「日銀会合」15:30「黒田総裁会見」円高が落ちつくなら様子見続
1月~2月 米「一般教書」
2月~3月 米「予算教書」トランプ氏の政策で金融市場にも影響
●日銀会合 12/20,1/31,3/16,4/27,6/16,7/20,9/21,10/31,12/21
●米FOMC 12/14,2/1,3/15,5/3,6/14,7/26,9/20,11/1,12/13 (FRB議長会見3,6,9,12月のみ)
●欧州ECB 12/8,1/19,3/9,4/27,6/2,7/20,9/7,10/26,12/14
●英MPC 12/15
■経済指標カレンダー ●JFX株式会社 ●みんなの外為 ●楽天証券 ●外為どっとコム

【FX】ドル円「大口(投機筋)の売買動向」【CFTC・シカゴ筋・IMM】  

大口(投機筋)ポジション CFTC・シカゴ筋・IMM

大口(投機筋)の売買と価格変動は連動性が高く、
週末発表された大口動向をチェック♪
チャートでは気がつきにくい建玉の偏りや大口の売買傾向をみて、
今後のトレード戦略に活かしたいと思います。


アベノミクス相場では、投機筋は常に円売り越し(ドル円上昇)が続いていましたが、
2016年投機筋は、約3年ぶりに円売りから円買い(ドル円下落)転換しました。

●外国人の売買動向
2016年1月~9月 円買い+日本株売り(円高株安)
2016年10月~ 円売り+日本株買い(円安株高)

10月以降のドル円・日本株の大きな上昇の背景は「外国人主導の買い」


CFTC建玉明細(大口投機家)
◆日本円/米ドル(レート USD/JPY)
今年始めて「円売り越し」に転換しました。(昨年12月29日以来)
11/29 -269
11/22 +10,900
11/15 +20,676
投機筋(円売り)→ドル円は上昇しやすい流れが続く。
2016-12-3_6-12_No-00(3)_20161203121042da0.png

●投機筋 円ポジション
アベノミクス相場 ~2015年末 常に円売り越し(ドル円上がりやすい↑)
2016年01月 円買い越し転換(ドル円下がりやすい↓)
2016年12月 円売り越し転換(ドル円↑)
2016-12-3_12-12_No-00.png

●株式市場 外国人の売買動向
10月以降、日本株買いが続いています。
※11月第1週「10/31~11/4」は米大統領選前の調整
2016-12-2_17-27_No-00.png

Category: ■為替-CFTC 大口ポジション

Tag: FX    投機筋  IMM  シカゴ筋  CFTC  ドル円 
tb 0 : cm 0   

【FX】ドル円「大口(投機筋)の売買動向」【CFTC・シカゴ筋・IMM】  

大口(投機筋)ポジション CFTC・シカゴ筋・IMM

大口(投機筋)の売買と価格変動は連動性が高く、
週末発表された大口動向をチェック♪
チャートでは気がつきにくい建玉の偏りや大口の売買傾向をみて、
今後のトレード戦略に活かしたいと思います。


アベノミクス相場では、投機筋は常に円売り越し(ドル円上昇)が続いていましたが、
2016年投機筋は、約3年ぶりに円売りから円買い(ドル円下落)転換しました。

そして9月以降、大口が円売り(ドル円上昇)


円買い 約7万(過去最高水準) → 約1万  ポジション調整がすすみました。
今後、投機筋が円売り越しに転じるか注目したいです。

※注意点
投機筋の買玉・売玉も両方増えている。
ということは一旦調整も入りやすい事が建玉から見えてきます。


CFTC建玉明細(大口投機家)
◆日本円/米ドル(レート USD/JPY)
2016-11-29_11-11_No-00.png

Category: ■為替-CFTC 大口ポジション

Tag: FX    投機筋  IMM  シカゴ筋  CFTC  ドル円 
tb 0 : cm 0   

【FX】ドル円・ポンド「大口(投機筋)の売買動向」【CFTC・シカゴ筋・IMM】  

大口(投機筋)ポジション CFTC・シカゴ筋・IMM

大口(投機筋)の売買と価格変動は連動性が高く、
週末発表された大口動向をチェック♪
チャートでは気がつきにくい建玉の偏りや大口の売買傾向をみて、
今後のトレード戦略に活かしたいと思います。


アベノミクス相場では、投機筋は常に円売り(ドル円買い)でしたが、
2016年投機筋は、約3年ぶりに円売りから円買い(ドル円売り)転換しました。

今週末発表
・円 58785枚の買い越し 1939枚の買い越し増
・ポンド 58686枚の売り越し 24135枚の売り越し減

CFTC建玉明細(大口投機家)
◆日本円/米ドル(レート USD/JPY)
円買い高水準が続く。
投機筋が円売り転換しなければドル円は厳しいー
SnapCrab_NoName_2016-9-25_11-38-21_No-00.png

◆英ポンド/米ドル
FOMC前に大きく買い戻しが入りました。
調整が入ったことで、ポンドの下げ余地が広がりました。
SnapCrab_NoName_2016-9-25_11-38-39_No-00.png

Category: ■為替-CFTC 大口ポジション

Tag: FX    投機筋  IMM  シカゴ筋  CFTC  ドル円  ポンド 
tb 0 : cm 0   

【FX】ドル円「大口(投機筋)の売買動向」【CFTC・シカゴ筋・IMM】  

大口(投機筋)ポジション CFTC・シカゴ筋・IMM

大口(投機筋)の売買と価格変動は連動性が高く、
週末発表された大口動向をチェック♪
チャートでは気がつきにくい建玉の偏りや大口の売買傾向をみて、
今後のトレード戦略に活かしたいと思います。


アベノミクス相場では、投機筋は常に円売り(ドル円買い)でしたが、
2016年投機筋は、約3年ぶりに円売りから円買い(ドル円売り)転換しました。


今週末発表
投機筋の円買い 60,316 高水準

昨夜、ジャクソンホール講演のイエレンFRB議長や、フィッシャーFRB副議長の発言から、
早期利上げ観測が高まり、巻き戻しショートカバードル円上昇↑

SnapCrab_NoName_2016-8-27_5-37-44_No-00_201608270555350d8.png

Category: ■為替-CFTC 大口ポジション

Tag: FX  投機筋  ドル円 
tb 0 : cm 0   

【FX】ドル円「大口(投機筋)の売買動向」【CFTC・シカゴ筋・IMM】  

大口(投機筋)ポジション CFTC・シカゴ筋・IMM

大口(投機筋)の売買と価格変動は連動性が高く、
週末発表された大口動向をチェック♪
チャートでは気がつきにくい建玉の偏りや大口の売買傾向をみて、
今後のトレード戦略に活かしたいと思います。


アベノミクス相場では、投機筋は常に円売り(ドル円買い)でしたが、
2016年投機筋は、約3年ぶりに円売りから円買い(ドル円売り)転換しました。

投機筋の売買の変化が、今年のドル円下落に繋がっています。
投機筋が、円売り(ドル円買い)転換しないと上値が重いドル円


7月の投機筋は、日銀追加緩和期待とともに、
円売り・ドル買い・日本株買いの傾向がありました。

7/05 円買い 63,568
7/26 円買い 34,958  半分に減っていました。=円売り=ドル円上昇↑

しかし、7/29 日銀会合では、円売りになるような緩和は発表されず失望売り。
ポジションの巻き戻しが起きて、円買いが増えていたと思います。

また昨夜の米GDPの指標結果が悪く、ドル売り円買いに。
米利上げ時期後退へ


今後も、需給の面からもドル円の上昇は厳しいです。

●IMM日本円
7月は円売り傾向 (ドル円上昇要因)
SnapCrab_NoName_2016-7-30_14-3-16_No-00.png
●ドル指数
7月はドル買の傾向 (ドル円上昇要因)
SnapCrab_NoName_2016-7-30_14-3-31_No-00.png

●ドル円 日足 一目均衡表
追加緩和は、3次元による異次元緩和ではなく、「ETF買いの倍増」
これではドル円にとっては期待はずれの失望売り

※マネタリーベース拡大、マイナス金利深掘りであれば、ドル円は上がったと思います。
但しマネタリーベース拡大は切り札を使うことに。マイナス金利は銀行株下落など弊害あり。
SnapCrab_NoName_2016-7-30_8-19-20_No-00(2)_2016073014085741a.png

Category: ■為替-CFTC 大口ポジション

Tag: FX  投機筋  ドル円 
tb 0 : cm 0